airstream

日本は今空前のアウトドアブーム。

数十年前は高嶺の花だったキャンピングカーも今では街中を走る姿をよく目にする様になり、だいぶ一般化した印象を受けます。

一言でキャンピングカーと言っても、軽キャンピングからバスよりも大きなサイズの物、設備や快適性を追求した近代的な物や、逆にレトロなフォルムや雰囲気を楽しむことが出来るVINTAGEまで好みや用途、予算に応じて沢山の種類から選ぶことができます。

 

VINTAGE

 

我々ZERO AIRSTREAM TEAMは「エアストリームビルダー」、「ペイント&コーティング」、「メカニック」で構成されたVINTAGE AIRSTREAMの最強チームです。

プライベートユーズのお客様は勿論、商業目的のカスタムまでどんな事でも対応させて頂きます。

 

 

AIRSTREAM BUILDER

 

VINTAGE AIRSTREAMに深く精通し、エアストリームの構造や歴史に詳しいだけでなく、その魅力を熟知した人間でなければVINTAGE AIRSTREAMをかっこよくcustomすることは出来ません。

ビンテージと現在のエアストリームの違いは沢山ありますが、最も大きな違いは製造工程にあります。
全ての工業製品に言えることですが、古い物には多くの工程、多くの人の関りがあり、現行にはない「手作りの温かみ」と「不完全の美しさ」を持っている為、今でも多くの人がVINTAGEに魅了され、そこに拘りを持っています。

人が作った物は完璧ではありません。 例えば内装ひとつとってもVINTAGEは綺麗な直線ではない為、その車両の持つ癖に合わせて内装を作ってあげる必要があります。
まず車両を作ってからその車両に合う内装を作る。 それがVINTAGE  AIRSTREAMの根本であるのに対し、現在のキャンピングカーは家具や内装をテンプレート化し易いよう直線が多用され、外見も四角いものが殆どです。

そお、昔はAIRSTREAMとインテリア職人はセットだったのです。

その為VINTAGE  AIRSTREAMには、心からAIRSTREAMに魅了された内装職人は必須と言えるわけです。

 

 

 

 

 

heavy duty

現在我々のチームでは、この最も大切な工程である、目利き(輸入するにあたり)、レストアを日本ビンテージエアストリーム界のカリスマの一人であるクリフ大岩氏が手掛けています。

エアストリームを住居として貸し出すというユニークなビジネスで有名なクリフ氏はプライベートユーズだけでなく、イベント用、宇宙PROJECT用の内装までを手掛けるなど、正にVINTAGE AIRSTREAMを知り尽くしたエアストリームビルダーです。

 

 

ZERO TEAM AIRSTREAM

 

このクリフ大岩氏に加え、アメ車修理のスペシャリストMr.H氏、ハーレーダビッドソンカスタムペイントのニューカマー JAPPAINT Niwa氏で構成されたZTAは正にアメリカンカルチャーを愛し、魅了された男たちのチームです。

アメリカ人が手作業でくみ上げ、数十年にわたり大陸を走て納屋でゆっくり休んでいるVINTAGE AIRSTREMを我々は貴方の好みに合わせて蘇らせます。

 

本物を感じたければ是非我々にご連絡下さい。

 

 

 

 

AIRSTREAMに関するお問い合わせはこちら

 

AIRSTREMについて質問する

>メッキに代わる革命的表面処理

メッキに代わる革命的表面処理

コーティングのクオリティーは職人のスキルや施工環境によって大きく左右されます。 ZEROTECHNOLOGYではナノコーティング剤の卸販売、施工に留まらず、施工ノウハウや設備に関するアドバイスもご提供が可能です。 システムの導入を御検討のオーナー様は是非お気軽にご連絡ください。

CTR IMG